相続人に未成年者がいる場合 | 遺産分割について | コトリ司法書士事務所

相続人に未成年者がいる場合

未成年者の相続人は遺産分割協議に直接参加することはできません。この場合、未成年者の親など親権者や後見人が、未成年者の法定代理人として遺産分割協議に出席することになります。しかし、父親が亡くなり、母親と未成年の子が相続人になるなどで、未成年者の親自身が相続人であるときは、法律的に子と母の利益は相反しているので、母は子の代理をすることはできません。遺産分割は利害を伴うので、利益の相反する者が代理人になって、自分と被代理人(未成年の子)の両方の取り分の取り決めをすることは許されていません。こういった場合、親権者(または後見人)は、家庭裁判所に未成年者の特別代理人の選任を請求しなければなりません。

未成年者と親権者(または後見人)の利益が相反するケース

相続人に未成年者がいた場合の例

 

未成年者と親権者(または後見人)の利益が相反するケース

相続人に未成年がいる場合

  • 親権者(または後見人)も共同相続人の場合
  • 複数の未成年者がいて、親権者(または後見人)が共通である場合

 

相続人に未成年者がいた場合の例

夫が被相続人で妻と子(未成年者)が相続人の場合

妻は子の特別代理人の選任を申立て、妻と特別代理人の二人で遺産分割協議を行います。

子が二人いて共に未成年者の場合

特別代理人を二人たてて、妻と特別代理人二人の計3人で行います。

母が相続人ではなく(内縁関係等)、二人の子(未成年者)だけが相続人である場合

法的に二人の子の利益は相反しているので、母(親権者)は両方の代理人になることはできません。1人の子に対しては特別代理人を選任してもらう必要があります。

夫が亡くなったときに妻が妊娠していた場合

法律上では胎児も相続人になるとしています。ですから、遺産分割の際には、生まれていない胎児に対しても特別代理人を選任する必要があります。

相続の流れ

遺言書

遺産分割協議書作成

相続登記

  • お気軽にお問い合わせください
  • 相続のご相談はこちら
  • 携帯からもサイト情報をご覧いただけます。
サイトマップ
サイトマップ

相続手続きの専門家であるコトリ司法書士事務所は、国分寺市、国立市、府中市、立川市を中心に相続手続きのサポートを承っております。西国分寺駅南口から徒歩3分と好アクセス。事前にご予約いただければ土日祝日、営業時間外も対応いたします。不動産の名義変更・遺産相続・遺産分割協議書・相続放棄・遺言書・その他名義変更のお手続きは、相続のプロである当司法書士事務所にお任せください。当事務所は安心・丁寧な対応を心掛けております。ただ結果を残すためにしゃにむに推し進めるのではなく、コミュニケーションと信頼関係を大切にする。結果だけでなく、進め方も大切にする。安易な方向に流されず、知識と経験に基づきお客様の真の問題解決に寄与する。プロの仕事をする。自身の仕事を通じて地域社会へ貢献する。これがコトリ司法書士事務所の思いです。

所在地情報
〒185-0024 東京都国分寺市泉町3-26-3 正好ビル201号 コトリ司法書士事務所へのアクセス

相続のご相談はこちら。お電話orクリック